So-net無料ブログ作成

熊本県の地震の原因とは何だったのか? [ニュース]

スポンサードリンク




早速結論ですが

14日に発生した熊本地震は

日奈久断層帯という活断層が動いたことが原因だそうです。

断層.jpg

 地震調査委員会は15日、熊本地震の発生をうけて緊急の専門家会合をひらいた。この中で余震が起きている場所を詳しく分析したところ、熊本県を走る活断層の1つ「日奈久断層帯」の高野・白旗区間に沿って起きていたことなどから、この活断層が動いたことによって発生したとの評価をまとめた。

 地震調査委員会によると、日奈久断層帯の高野・白旗区間の断層の長さはおよそ16キロで、これまでマグニチュード6.8程度の地震が発生する可能性があるとみられていた。

 また、防災科学技術研究所の分析によると、地震の揺れの強さを示す指標である「加速度」は、震度7を観測した益城町で1580ガルを観測した。これは、阪神大震災で観測された加速度のおよそ2倍だった。こうしたことから、益城町を中心に家屋の倒壊などの被害が大きくなった可能性が高いという。






テレビ番組は地震速報で持ち切りで

10分から30分間隔で余震が続いている。

熊本城.jpg

熊本城の外壁・石垣が崩れているのはかなりの衝撃と

今回の地震の規模を見える化しているような気がする。

16日の夕方からは地震速報をあまり見ないが

現地はどんな感じなのだろうか?

まだまだ余震があるのだろうか?


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ガソリン車との比較

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。