So-net無料ブログ作成

高校野球 決勝は史上初の大阪勢対決 見逃すな! [スポーツ]

スポンサードリンク




第89回選抜高校野球大会第11日の30日は準決勝2試合。第2試合は、秀岳館(熊本)と大阪桐蔭(大阪)の対戦。両校エースが好投し投手戦となった試合は、大阪桐蔭が2-1で秀岳館に競り勝った。大阪桐蔭は84回大会以来5年ぶりの決勝進出。第1試合では履正社(大阪)が勝ち進んでおり、決勝戦はセンバツ史上初の大阪勢同士の対戦となった。

○大阪桐蔭(大阪)2-1秀岳館(熊本)●

 大阪桐蔭は六回、左翼線二塁打の2番・宮崎がバントで三進し5番・山田の右前適時打で先制の本塁を踏んだ。大阪桐蔭は八回にも山田の左越え二塁打で加点した。秀岳館も八回に3番・木本の左前適時打で1点を返したが反撃もここまで。

 ともに背番号1の大阪桐蔭の右腕・徳山、秀岳館の左腕・田浦が先発し、試合は投手戦に。徳山はスライダーの制球が良く、秀岳館打線を被安打7失点1に抑え、準々決勝に続いて九回を完投。春夏の甲子園3季連続で4強の秀岳館は初の決勝進出を狙ったが、今回も準決勝で涙をのんだ。


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ガソリン車との比較